読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真夜中の魅力


日々、誰と喋るわけではないのにネットにて色々な人の見たもの・食べたもの・聞いたもの・嗅いだものなどの発言を
見て、会話し、それだけでまるで社会に参加しているような気になるので恐ろしい。
ネットの中で共感者を見つけすぎて、それで満足して、本当の友人たちとの交わりが薄くなってきている気もして、恐ろしいの二乗。


夜、窓を開けて寝る。
風も良い感じで入ってくるし、どっからか貨物列車の音が聞こえてくるしで良い意味で寝られない。
貨物列車とか、工場とか、真夜中に動いているのを想像するととてもどきどきする。
というより、「真夜中の」とつくとそれだけでロマンを感じてしまう。
真夜中の高速道路、真夜中の公園、真夜中のオフィス街。
真夜中の学校…これはちょっと怖い。
一番良いなあと思うのが、真夜中のお豆腐屋さんで、一度でいいから行ってみたい。



f:id:mayutsuba0874:20110521030052j:image:w200:h200