読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駄菓子のこと

日々

洗濯物を干していたら、何かふと有平糖が食べたくなり、
頭が有平糖一色になってしまった。
何故洗濯物を干していてそんな気持ちになったかは不明だけども、
有平糖有平糖、金平糖でも金太郎飴でも千歳飴でもいいので食べたい欲求がスパーク。
でもよく考えたらこの手のものって、あまりスーパーで見かけないような気がして、
どっと落ち込む。


昔、実家の近くに飴屋さんがあり、一見普通の民家なのだけど、そこの飴がとても美味しくて
毎日学校の帰り道なんかによく買いに行っていた。
目の前で飴を作っていて、鍋からたちこめる甘い匂いだとか、型抜きしている様子だとか、
大きな缶に入った飴を計量している様子だとか、そういうのを見るのも楽しかったし、おじさんが作りたての飴をおまけで
くれるのもとても嬉しかった。
大人になるにつれて買いに行く回数が減り、今ではそこで営業しているのかも謎。
きっと出荷メインだったんだろうけど、今でもチャイムを鳴らせばおじさんは出てきてくれるのだろうか。


実家近くはキャラメルのお店(これまた民家でやってる)だったり、駄菓子屋さんがぼちぼちあったので今思えば充実していたのだな…。
駄菓子屋も、スーパーで特設コーナー?のような感じで置いてるとこもあるけれど、それ単体でやってるところって
今でもあるのかな。
ちびまる子ちゃんに出てくるようなオープン駄菓子屋みたいなのはもう無いのかしら。

こういう感じの。(画像は和倉昭和博物館とおもちゃ館へ行った時のもの)
f:id:mayutsuba0874:20110525232232j:image:w250


今住んでいるところには近くに有名なお菓子屋さんがあるのだけど、全てにおいて
「熨斗はどうしますか?」と聞かれるようなところなので、それはそれでいいけど
もっとこう、なんというか軽い感じでひょいと行けてその場で食べられる感じのとこ…欲しいな。
まあそういうのが減っていったのにも理由があるだろうし、現実問題はさておきの話ですけど。


そんなことを考えつついつぞやに買った飴を食べて我慢した。
飴って自分の中で、賞味期限があいまいな感じなのだけど、これ多分2年前くらいのだわ。
f:id:mayutsuba0874:20110525231303j:image:h250