読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人

ずいぶんと日記を更新していない間に一つ歳をとった。

残念なことに、確実に見た目の年齢は上がっている。
だけれども、精神的にはあまり変わっていない気がする。
変わっていないから、未だに嬉々としてガチャガチャを回してしまうし、真夜中に宇宙の果てのことを考えて悶々としてしまうし、ビールもブラックコーヒーも美味しいと感じられない。
別にお子様な自分をアピールしたいわけではないのだけど、
大人ってなんだろうなと20歳を過ぎてから毎年ぼんやり考えているけど結局わからない。


今までにしたことないことをすれば少し大人になれるような気がして、
先日とりあえず一人で新幹線に乗った。

20代後半にして何言ってるんだ、と思われそうだけど、今まで一人で新幹線に乗ったことが無かった。
切符の買い方から改札の場所、席の取り方など、色々が未知であった。
(誰かと一緒に乗る時はその誰かに任せきりなのだった)
前日夜から切符を買う→新幹線に乗り込むイメトレを行う。

緊張しながらもみどりの窓口にて切符を購入。
ところが窓口のお姉さんに、
「本日は不発弾処理の為、○時前後は運休となる可能性があります」
みたいなことを言われる。
私が乗る予定の時間とぎりぎりかぶるかどうかという時間である。
その場で泣き崩れそうになるが、とりあえず新幹線に乗るべく地元の駅から鈍行に揺られ、京都まで向かう。
改札でどの切符を入れたらよいかあたふたしながらも、新幹線に乗り込む。
どうやらわたしが乗った方面は特に影響がないようだった。
無事に座れてほっとする。

車内はすいていて、ちらと周りを見ると、テーブルの上にMacBookを広げ、悠々とネットをする女性が座っている。
新幹線はコンセントもあるからそんなこともできてしまうのか…。
余裕綽々の様子に惚れ惚れとする。

一方私はというと、くつろぎ方がわからないのでシートも倒さず背筋を伸ばして座り、
降りる予定の二駅前から早々に降りる準備を万端にするという緊張ぶりで、無事に目的地へ到着した。
最初はこんな調子だったけれど、一度乗ってしまうとそれからは特に緊張することはなかった。

少しは大人になったのかどうか問題はさておき、その快適さからいつかは新幹線で目的のない優雅な阿房列車の旅に出てみたい、とまで思えたので良かった。

そんな感じでまだまだ大人とはなんぞや迷宮でぐるぐるしている私ですが、
まあなんというか大人という言葉に縛られず日々成長したいものです。

何より、お祝いの言葉やプレゼント、ケーキをごちそうしてもらう等等、みなさま本当にありがとうございました。

プレゼントは使うのがもったいないくらい可愛いものばかり。
大事にします。
http://instagram.com/p/bntlHPBx1B/
http://instagram.com/p/bvlFSEhx3B/


そして最後に全然関係ない話だけど、ブログのデザインを変更した。
今まで使っていたデザインも大変気に入っていたのだけど、少し自分で変えてみようと思い色々いじってみるもののあまりうまくいかず。
何気なくあつみちゃん(id:attsumi)に話したところ、直接会って色々アドバイスしてもらえることに。
「なんか…あまり存在感のない、というか主張はげしくない感じのにしたい」
みたいなボヤッとしたイメージで相談したにも関わらず、わざわざ時間とってくれて優しく丁寧に教えてくれたあつみちゃんに感謝感謝。