読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜の工場

先日、友人のもえみきと工場夜景を見に行った。




見に行ったといのも、ふらっと散歩というわけではなく工場夜景ツアーなるものに参加した。
普段立ち入り禁止の場所に許可を取って入らせてもらったり、女性だけで夜行くのは少し危険そうな場所にも行けたので良かった。
私たちが参加したツアーはバスツアー(目的地までバスで行ってそこからは自由に行動)で、何となく写真家が同行して色々撮影方法等教えてくれるコースを選択したのだけど、
私はカメラに対する知識とか興味があまりないので、「工場夜景見るのがメインだし写真とかスマートフォンでも充分では」くらいに思っていた。

ツアー当日、集まった参加者を見ているとおじさま層が多い感じ。
そしてほとんどの参加者がごつくて高そうな一眼レフ、三脚、望遠レンズその他もろもろ完璧な装備で来てる…。
先生(写真家)が同行する時点でわかっていたものの、これは完全に写真を撮るのがメインのコースだったのだなあと実感する。

私はというと、さすがにスマートフォン以外のカメラは持参してきたものの、参加者の完璧な装備にわななく。
ツアーが開始すると、目的地までのバス内で先生がかなり細かく写真の撮り方や撮影ポイントの情報を教えてくれる。
撮影ポイントに着いてからは自由に撮って、質問がある人は先生に聞くという感じ。

たまに怒号がとんだり(撮影に邪魔な場所に長時間立ってる人がいたっぽい)、
市の広報誌に載せるとかなんとかで、先生に質問してる体の写真や、熱心に工場夜景を撮ってる姿を市役所の方に撮られたり、
我々が群がって撮ってる今もこの工場の中では普通に人が働いてるんだよなと、ふと感じたりで、
複雑な気持ちにはなったもののまあ楽しめた。
先生もかなり親切に色々教えてくれるので、自分のカメラについていた便利機能の存在を初めて知った。

なんでわざわざ工場夜景を見に行くのか、何がいいのかと聞かれるとすぐ的確に答えられないのだけど、
工場に明かりが灯る瞬間や、複雑に入り組んだパイプライン、大きな煙突から出る蒸気、
不思議な魅力がそこには満ちているのだった。

ツアー後、夜ご飯を食べながら工場夜景のこと、夜の高速道路(JCT)もかっこいい等
いろいろな話をした。

今度機会があればきちんとした装備でまた参加してみたい。